赤ちゃんは二重あご 小顔と二重で高感度アップ!|モデル実践の手軽な方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

赤ちゃんは二重あご

赤ちゃんを想像するとき、プクプクしている顔や手足を思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか。
プクプクした顔のイメージというと、赤ちゃんがその筆頭でしょうね。
やはり、丸々と太った赤ちゃんは幸せの象徴であり、逆にガリガリに痩せた赤ちゃんを想像するだけで悲しい気持ちになってしまいますね。
ところで、赤ちゃんの二重あごは極めて正常な状態で、栄養が十分に足りている証拠ともいえます。
やがて赤ちゃんがハイハイやヨチヨチ歩きをするようになると、赤ちゃんの二重あごは自然にスッキリとしてきます。
ところで、赤ちゃんの場合は、二重あごよりも体重を気にした方が良いでしょう。
小さい頃から太りすぎていると脂肪細胞が増えてしまうことになり、一旦増えた脂肪細胞は減らすことができないので、成長してから肥満になりやすい体質になってしまうことがあります。
 
また、赤ちゃんの二重あごは正常だといいましたが、注意したい点がひとつだけあります。
それは、お風呂の時などに、顎の下までキチンと洗えているかどうかです。
二重あごを持ち上げるようにしてしっかりと洗うようにし、お風呂上りにきちんと拭いてあげないと、あせもや湿疹ができやすくなってしまうのです。
また、普段からミルクやよだれも、こまめに拭いてあげることが大切です。
健康上は特に心配のない赤ちゃんの二重あごですが、小さい頃から表情筋を鍛えておくことで、何かと弊害の多い口呼吸を予防することができます。
普段から寝ているときに口を開けているようだと、唇の筋肉が弱いかもしれません。
最近は哺乳瓶に付けて吸わせるだけで、自然に唇の筋肉を鍛えられるグッズも売られていますので、このようなグッズを上手に利用して、早めに鼻呼吸の習慣をつけてあげると良いでしょう。
口呼吸の弊害としては、かさかさ肌、せき、よだれ、いびき、歯周病、アレルギーなどの原因になるといわれています。
もし、鼻呼吸ができていないようなら、早めに矯正してあげる必要があります。
この赤ちゃん用リップトレーナーは、生後6ヶ月くらいの早い時期に使うのが、最も効果的だといわれています。
もし、それ以降に気づいた場合には、幼児用のリップトレーナーもありますので大丈夫です。
赤ちゃんの二重あごは、可愛らしさの象徴であることに変わりありません。
しかし、ママの二重あごは、残念ながら可愛いということにはならないと思います。
出産後に元の体系に戻すのは一苦労ですが、二重あご解消エクササイズやリンパマッサージで、すっきりシャープなフェイスラインを取り戻したいものです。
2009/04/26(日)  | 二重あご

| 小顔と二重で高感度アップ!|モデル実践の手軽な方法■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。