小顔体操 小顔と二重で高感度アップ!|モデル実践の手軽な方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

小顔体操

一昔前は顔が大きい芸能人が多かったせいか、余り小顔を意識することは無かったようです。
しかし、今では雑誌でも「小顔美人」の特集が組まれるほど、女性なら誰もが憧れるようになりました。
また、最近では小顔に憧れる男性も増えてきて、フェイシャルエステなどに通う人も多いようです。
ここでは、手軽に自宅でもできる「小顔体操」をいくつか紹介しておきます。
実際には何種類もの小顔体操があるので、自分に合ったやりやすい小顔体操から試してみてください。
 
■micacoさんの小顔体操
人気テレビ番組「おネエMANS」でも紹介されたことがある、micacoさんの小顔体操です。

1、下唇を上唇の上に重ねて、口角をきゅっとあげるようにします。(これだけでも、かなりキツいかもしれませんね。)
2、次に、鎖骨の上あたりに両手を重ね、下の方に引く感じにします。
3、両手で下方向に力を加えつつ、顎を上下に20回くらい振りましょう。
4、最後のシメに、顎を上にした状態で、舌を思い切り突き出します。(15秒から20秒くらい、舌を突き出した状態でキープします。)

やってみると、普段、使っていない筋肉が総動員されるので、かなりキツいと思います。

■その他のお手軽小顔体操
1、目をぎゅっと閉じて、ぱっと見開くのを繰り返すという小顔体操ならトイレなどでも手軽にできます。眠気覚ましにもなって一石二鳥ですよ。
2、口を大きく動かして「あいうえお」をいうのも、簡単ですが効果的な小顔体操です。(もちろん、声を出さなければダメということはありません。)
3、首を大きくゆっくりと回し、両肩を大きくすくめ、ストンと落とす。(小顔になる効果が期待できるだけでなく、肩こり解消の効果もあります。)

このように、小顔体操には顔以外を動かす体操もあります。
普段使わない表情筋を鍛えることと、歪みを正しい位置に矯正することが小顔体操の基本になるのです。
最初は辛かったり痛かったりするかもしれませんが、毎日、1分でも良いので続けてみてください。
ただし、小顔体操の効果が出るのは早くても二週間後ですので、まずは習慣にするようにしてみましょう。
2009/05/10(日)  | 小顔

| 小顔と二重で高感度アップ!|モデル実践の手軽な方法■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。